建設コンサルタント、測量等、一般業務外で、他社にない技術の紹介です。





 低高度(500m以下)でバルーン・ラジコンヘリコプターを使用し、地上より無線でカメラをコントロールし、
画面を確認しながら、写真、ビデオ撮影を行います。



 フォトバルーンによる写真測量は、従来小型飛行機やヘリコプターなどの利用できなかった低空撮影、
近接撮影を行い、その写真を基に実測と同じ要領で対象物の計測を行い、高性能解析図化システムを使って
3次元データを読み取り、用途に合わせデータを机上処理、加工します。


PROMAP
MPS-2

 PROMAP、MPS−2は写真を入力記録媒体とし、立体映像を再現して三次元データを導く解析図下機
(三次元デジィタイザー)で、写真測量技術をベースとしています。
写真測量技術を利用した、解析図下機から得られた三次元データの精度は、多くの要素によって決定されます。

 @ 写真撮影による写真縮尺、左右写真の距離
 A カメラの構造によるフィルムの平面度、焦点距離のズレ、レンズ歪み
 B フィルム現像による伸縮
 C 解析図化機の機械精度(分解能力、フローティングマーク径)
 D 観察能力(オペレータ)

 各要素の中から取り除ける内容については、ADAMシステムソフトがサポートしていますので、従来の写真測量の抱えていた複雑で特殊な技術は、必要ありません。



HOME | 会社概要 | 業務内容 | 求人の案内 | メール

Copyright © 2001 佐藤設計コンサルタント. All rights reserved.